マルジェラのデザイナーにジョン・ガリアーノ


画像元MUNDERWORLD BLOG

 

問題発言オワコン男」こと、クリスチャンディオールがマルジェラのクリエイティブ・ディレクターに就任だって?
耳を疑いたくなるニュースが飛びこんできました。

 

しかも既に決定済みの話で、2015年1月のオートクチュールから担当するようです。

 

マルジェラと言えばアントワープシックスとして知られ、ギャルソンやヨージの後にモードに革命を起こしたほどの鬼才としてとても人気の高いデザイナーでしたが、その本人は既に退任。

 

その後マルジェラのブランドは生き続けていますが、テイストは明らかに変わり H&Mとのコラボをやるなどビジネスの展開にむしろ必死さすら感じるようなブランドに成り下がってしまいました。

 

初期のマルジェラは、あのモードやファッションに対するアンチテーゼと着る人に問題提起をするようなテイストが世のファッショニスタたちを狂喜乱舞させ時に喜ばせていたのに、今となっては無難なテイストの服ばかり。

 

そこへきて、今回はなんとジョン・ガリアーノをデザイナーとして起用するなんて!どうなってしまうのか。。

 

マルジェラもそれほどの老舗ブランドになってしまったということなのでしょうね。
かつてクリスチャンディオールにジョン・ガリアーノが就任していたように。

 

そんなセンセーショナルな衝撃をまた起こしたい。何か起爆剤となるアイデアが欲しかったのでしょう。

 

 

ジョン・ガリアーノといえば、人種差別発言をしてディオールのデザイナーを解雇されてしまったことはあまりにも有名な話で、記憶にも新しいですよね。

 

どんな事件だったかというと、パリのカフェテラスで隣の席のカップルと口論となり、人種差別的な言動をして警察に身柄を拘束されてしまったという事件です。

 

どんな人種差別の発言をしたのか?
「汚らしいユダヤ人め、死んでしまえ」、「気にくわないアジア人め、殺すぞ」などと発言したそう。

 

アジア人?ってところが気になりますが。。。ホントだとしたら相等嫌なやつですね。

 

「未だに人種差別はなくなっていないんだ・・」と失望したことを覚えています。

 

いくらデザイナーとしての手腕や、飛び抜けた才能があろうとその「人となり」や意識はデザインとしても顕著に現れ、着る側にも影響を与えます。

 

生き方は奇抜、デザインも超奇抜のジョン・ガリアーノ

 

元祖マルジェラのデザインを一新しさらに飛躍させる事ができるのか?ある意味本当に期待しています。
なんせディオールを蘇らせた男ですから。