アパレルで働きやすい環境に転職しよう

ファッション業界のブラック企業を選ばないためには?

 

アパレルの仕事ってとてもハードで残業が多そうなイメージがありますが、
実際の現場はどうなのでしょうか?

 

 

サービス残業をさせる企業はまだまだあるようですが、
外資系の企業だとボーナスも出て、残業も殆どないという場合もあるようです。

 

 

また、小さい会社の場合だと社長の考え方や方針によっては
仕事は早く終わらせて、プライベートは自由にするという会社もあります。

 

 

ではどうやって、ネットの求人上でそれを知ることができるのか?

 

 

 

まずは詳しく企業を調べること、また応募条件の欄に書いてある内容を
じっくりと読み込むこと。

 

こちらのサイトではブラック企業の見極め方が載っています。
確かに!と思わされる文面がいくつもあるので、見ておいて損はないでしょう。

 

 

 

ポイントは事前に相手を知る事


69 Comet - Fashion Photography / Kris Krug
 

 

できるだけ転職してしまう前に会社の内情や
どんな環境なのか、どんな労働時間で働いている人が多いのか?
などは知っておきたいですよね。

 

 

ではどうすれば良いのか?
いくつか方法を考えてみました。

 

 

@面接や電話での問い合わせの段階でできるだけ
突っ込んだ本音の質問を投げてみる

 

 

→ネットで求人に応募してから面接の段階まで進んだら、
面接官の方に正直な質問をぶつけてみるという方法。

 

 

どうせ働くのだから我慢せず自分の要望や
質問はどんどん聞いてみる方が、
後々イメージと違っていたという辞め方はせずに済むでしょう。

 

 

 

Aブランド名や企業名でネット検索をしてみて
掲示板などにクチコミの書き込みがないか調べてみる。

 

 

→有名どころの企業はネットでの書き込みも多い場合があります。
またヤフー知恵袋なども参考にしてみるのも良いでしょう。

 

 

 

B通常の求人媒体から応募せず転職サポートを使う。
例えばこちらのファッショーネはコンシェルジュが求人を丁寧にサポートしてくれます。

 

 

→転職支援サポートといって、1人の応募者に対して
1人の転職コンサルタントが着くシステム。

 

自分に合いそうなアパレルの企業を紹介してもらうことで、転職コンサルタントが相手企業に対していろいろな疑問点などをヒアリングしてくれます。

 

 

 

まとめ

 


→ / iyoupapa

 

 

1、良さそうな求人だからといってすぐに飛びつかない事。

 

2、事前にどんな企業なのか、自分には合っていそうか?を調べる

 

3、相談できる相手がいなければ、
転職支援コンサルタントは無料で相談できるので登録しておく

 

 

 

以上の事を踏まえて長く続けられる転職先を見つけるようにしましょう。

 

アパレル企業は特に長い経験値があるほど採用されやすい、
プロフェッショナルと認められやすいので、
これからは長くキャリアを積める転職先を探す事がベストでしょう。