アパレル転職活動中に注意すべきポイント5つ

あなたがアパレルの転職で必ず注意すべき5項目


Caution / huskyte77

 

 

アパレル業界に転職、就職を求人で探す前に注意すべきポイントを
5つにまとめました。
 

 

1.何がやりたくて、何がやりたくないか?を明確にする
 
2.ショップ販売員なら実際にお店を何度か見ておく
 
3.ブランドのイメージに自分が合っているか?チェックしておく
 
4.面接で質問する内容を必ずまとめておく
 
5.何故転職するのか?を自分で再確認しておく

 

 

 

 

1.何がやりたくて、何がやりたくないか?を明確にする

 

よくある困った話で、就職してはみたものの
「イメージと違った・・」というもの。

 

 

イメージと違った・・というのは具体的にどんな事を想定していたのでしょうか?

 

思ったよりも大変だった?残業が多かったのか?

 

すきなデザインのテイストではなかったのか?

 

 

など後から後悔する事がないように、
「何がやりたくて、何がやりたくないのか?」は明確にしておきましょう。

 

 

アパレル業界は特に即戦力を求めるケースが多く、
しかも最近の傾向として、長期で安定して働ける人材を求めています。

 

 

その為、職歴が短いとどうしても次の仕事に繋がりづらくなってしまいます。

 

 

最低でも3年から5年以上は続けたいと思える仕事に出会うために
今の段階から自分が無理をしすぎないために何がやりたくないのか?とか
本当は何がしたいのか?などノートにまとめておきましょう。

 

 

 

 

2.ショップ販売員なら実際にお店を何度か見ておく

 

 


Baggu / andrewarchy
 

 

これも上記の内容に近いのですが、働く場所が事前に確認できるなら
必ず数回は足を運んでチェックしておいてください。

 

 

すきなブランドだからきっと楽しく働けるだろう・・
という淡い期待だけでは失敗する場合があります。

 

見るべきポイントは
どんな人が働いているのか?

 

職場は自宅から通いやすい(ずっと通い続けやすい)場所にあるか
お店の雰囲気は好きか嫌いか?

 

あとはネットで検索してみても良いかもしれません。

 

直感的に自分がどう感じたか?も大切です。

 

 

 

 

3.ブランドのイメージに自分が合っているか?チェックしておく
 

The designers of United Designers / noii's

 

 

アパレルは特にセンスや趣味が仕事にいかされる職業なので、
自分のセンスや持っている服のテイストや好きなイメージが
これから就職する先の企業とマッチしているか?も重要になります。

 

 

採用担当者は、応募者の雰囲気や服のセンス、など自分たちの
企業に相応しいか?など必ずチェックしています。

 

 

あまりにもミスマッチだと仕事自体を続ける事が困難になるかもしれないので、
給料が良いからとか、働きやすそうだから・・といった理由だけで選ぶのは
後々後悔する結果になるかもしれません。

 

 

 

 

4.面接で質問する内容を必ずまとめておく
 

 

これはアパレルの面接に限った事ではありませんが、
質問内容をまとめておくということはとても大切です。

 

企業側からすれば、応募者の意欲や熱意といったものを
どこで計るか?となりますが、
やはり自分の企業に興味を持ってくれているのか?とか
関心をどのくらいもって仕事に取り組んでくれるのか?などを
確認したいと考えているはずです。

 

質問をまとめる作業は10分もあればできるので、
必ず事前にやっておくようにしましょう。

 

面接での会話の広がりにも役立つはずです。

 

 

 

5.何故転職するのか?を自分で再確認しておく

 


DEMICOUPER CUT OFF MEMO / yto

 

そもそも、あなたは何故転職したいと思ったのか?
今の仕事の何が不満で転職を決意したのか?

 

残業が多いから?
給料がやすいから?
人間関係が悪くなったから?

 

などいろいろ理由はあると思います。
これは先の項目にも共通する問題ですが、
自己分析というは非常に大切です。

 

転職理由をしっかりと把握しておくことで、
次の就職の失敗を防ぐ事ができます。

 

 

 

まとめ

 

以上の事を踏まえると、自己分析や客観性という事が非常に大切だという事がおわかり頂けたのではないでしょうか?

 

また、自己分析と合わせて事前の準備も大切になってきます。

 

受けるブランドや企業の会社のことをできる限り情報収集しておくこと。
そして、面接のために志望動機をしっかりと考えておくこと。
何故前職を退職したのか、理由をはっきり言えること。
こういった準備をしておくと面接でオドオドする事もありませんし、その場しのぎの発言をせずに済みます。

 

当サイトが特別に提携しているアパレルコンシェルジュ付きの求人サイト
無料で登録2分でできます。
アパレル転職ならファッショーネ