セレクトショップで働こう!でも準備はしよう!

セレクトショップ系アパレルに就職するために必要な3つの事


オレンジ / marumeganechan

 

 

ビームス、シップス、フリークス、トゥモローランド、アーバンリサーチなど
人気のセレクトショップの企画やネットショップの運営、MD、バイヤーなどに
就職、転職するにはどうすればよいのでしょうか?

 

 

ここでポイントを3つに絞って解説していきます。

 

 

 

1、取り扱うブランドについての知識
2、アピールポイント、経歴、スキルの棚卸
3、ブランドやショップのテイストと自分が合っているか?

 

 

 

以上の事を自分の中でまとめておく必要があります。

 

以下ひとつずつ解説。

 

 

1、とりあつかうブランドについての知識

 


Aveda Eco Fashion Week ? Day 2 ? Feb 24 11 / Jason Hargrove

 

 

やはりセレクトショップなので、多数のブランドを扱っています。
旬のブランドから定番まで、実際にショップに足を運んでどんなブランドをどのくらい扱っているのか確認してみましょう。

 

 

そして、どういったテイストのどんな感覚のセレクトをしているのか?
自分がバイヤーや企画になったつもりで考えてみましょう。

 

こういった行動は、企業に入って市場調査をするときにも同様の事を考えながら行うのでとても大切な事前チェックになります。

 

 

そして、取り扱っているブランドの歴史や、どんなデザイナーが手がけているのか?なども勉強しておくと良いでしょう。

 

 

そして、自分の働きたいセレクトショップのどんな部分が気に入っているのか?といった明確な理由を掘り下げて考えてみましょう。

 

どんな服があるから好きなのか?
店員が親切だから自分も働いてみたいのか?
店の雰囲気やスタイルが好きなのか?

 

具体的な理由をメモ用紙でもレシートの裏でもいいので書き出してみましょう。

 

こういった誰もやっていない行動が面接の時や、履歴書を書くときにもとても役立ちます。

 

また、取り扱っている物だけでなく、普段から古着やハイファッションなどにもアンテナを張って、情報収集だけはマメに行うようにします。

 

これは就職してからもずっと続けていくべき事で、その理由としはファッションといえど、常に情報量が他との勝負の差につながらるからです。

 

 

2、アピールポイント、経歴、スキルの棚卸

 

 

今までやってきた自分の職歴や、経験値が今後はアピールポイントになります。

 

自分の就職したいセレクトショップには、どんなスキルが必要とされるか?
といった事を想像してみてそれに使えそうな自分のアピールポイントをまとめてみます。

 

  • 持っている資格はあるか。
  • 趣味で長年続けてきたことはあるか。(継続して続けているというのはアピールになります)
  • 学生時代に経験した事で思い出に残っていることは?

 

今までのバイトなどの経験で褒められた経験があれば書き出してみる。
 
自分の強み、趣味、得意な事をノートに書き出していきましょう。

 

もし見つけづらい場合は自分の家の本棚を見て、どんなジャンルの本が多いかを調べてみて、自分がどんな事に興味があって人よりもどんな事で知識や技術があるのかを再確認してみましょう。

 

自分では大した事ないと思っていても知らない人からすれば凄い事だってあります。
ずっと趣味でスケボーをやってきたとか、サーフィンをやっているとか、料理が得意だとか、アクセサリー作りが得意だとか。

 

何か売りになるポイントを自分で知っておくと、そこを買ってくれて気に入ってくれる人が現れる場合があったり、共通の話題でもりあがれる可能性が大いにあります。

 

 

 

3、ブランドやショップのテイストと自分が合っているか?
 
 
 
 

 

これは上記の項目でも少し触れましたが、採用担当者が特に気にするポイントでもあります。

 

やはり、類は友を呼ぶではありませんが、センスが近い人間が集まったほうがそのブランドのカラーを強く打ち出しやすくなるので、テイストや感覚の異なる人材は採用されにくい傾向にあります。

 

自分自身も好きなブランドだから選んだと思うので、テイストがズレまくっているという事は考えにくいですが、第二希望あたりで選んだ転職先となると、自分の普段着ている服のテイストとは違う場合もあると思います。

 

そんなときは、求められる人材をイメージして、どんな服装や趣味、思考だったら採用されやすいのか少しでも良いので考えてみましょう。

 

あまりにテイストが違うブランドで働くとなると、後々自分が働いていて苦しくなる事もあります。

 

ストリート系の服が好きなのに、ゴスロリ系の企画会社に入社してすぐに合わなくて辞めてしまった知り合いがいます。

 

転職が決まった時は「おめでとう」と言ってあげましたが、内心心配でした。

 

客観的にみれば「何でそこ受けたの?」と疑いたくなる転職でしたが、やはり給料面や待遇、ハードルが低かったなどの理由で、自分のスタイルとは違うイメージのメーカーでもとりあえず履歴書を送ってしまったのかもしれません。

 

そういった後悔をなくすためにも事前に相手先を絞り込んで、できればいろいろな相談所や転職コンサルと相談しながら転職活動を行うと確立もアップしますし、継続して長く働ける仕事に出会える可能性も高まるでしょう。

 

そのためには、以下の質問をまず自分で問いかけて見てください。
明確に答えられれば、後はそのテイストに合った就職先を見つけ出して行く作業を繰り返すだけです。

 

 

質問

あなたはどんなブランドや服のテイストが好きですか?

 

これを言葉に表現できるようにしておくと更によいでしょう。

 

これは、何故そのセレクトショップや企業で働きたいのか?という動機に繋がってきます。

 

とても大切な事なのでヤってみてください!

 

未経験者から業界に入れる
しかもエージェントが相談にのってくれる
あなたの希望のアパレル企業がみつかります。
↓↓↓
アパレル転職ならファッショーネ