アパレルデザイナーやパタンナーなどコネを使って転職するには

アパレル業界にコネを使って就職したい?その方法解説


Fashion Ave Manhattan Street Sign / Glyn Lowe Photoworks.

 

 

未経験でアパレルデザイナーやパタンナー、生産管理、MD、バイヤーに
転職や就職するのって本当に難しいですよね。

 

一般求人の殆どが実務経験者を求めています。

 

しかも少なくとも3年以上とか。。

 

 

販売しかやった事がなくて、本当はデザインをやりたいって
人は少なくないです。

 

 

じゃぁ、実務経験なしにどうやって業界に入り込んでいくか?

 

今回は
その方法を著者自ら体験した方法として解説します。

 

 

ファッション関係にコネ入社は本当にできる?

 

希望するブランドに行けるかは非常に難しいですが、
きっかけとしてとりあえずアシスタントデザイナーでも良いから
就職したいって場合は、コネでも何でも使った方がいいです。

 

 

私自身もファッションデザイナーの経験が皆無だったのですが
ある方法でラッキーなことにアシスタントデザイナーとして、
転職した経験があります。

 

 

それまでは、コールセンターなどで単なる
派遣の仕事をしていた身でした。

 

 

ではどのように、業界にアシスタントデザイナーとして
就職できたのか?

 

それは・・

 

私は趣味で立体裁断の教室に週一回通っていたのですが、
そこで知り合った仲間からたまたまお誘いを頂いたのです。

 

そのときは本当にラッキー♪と思いました。

 

 

「あぁこうやって仕事って決まるんだ」と嬉しくなった経験があります。

 

 

もちろん希望するようなブランドやメーカーの会社ではなかったのですが、
そこで3年でも5年でも経験を積んでおけば、後の転職もスムーズです。

 

 

 

 

とにかく最初は経験を積もう!


Paris Fashion Week / TRES BIEN

 

 

とにかく未経験でもデザイナーやパタンナー、
バイヤー、MDなどの職に就きたいとお考えなら、
まずはファッションに関係する何かに身を置いておく事が大切です。

 

 

販売でも縫製工場でも構わないと思います。

 

そこからどんな話がくるかわかりませんからね。

 

 

なので、人も大切にした方が良いでしょう。

 

あえて人脈作りをする必要はないと思いますが、
いつも頑張って取り組んでいれば、周りはちゃんと見ていてくれます。

 

いつでも受け入れ態勢のできている自分を準備しておく事が大切ですよね。

 

 

 

 

業界は未経験者に厳しい?


Europeana Fashion Edithathon, Centraal Museum / Sebastiaan ter Burg

 
 
アパレルの未経験者の求人というは殆ど販売などが多いのが現状。
パタンナーやデザイナー、MD、生産管理などは経験者しか求めてしません。

 

 

しかし、いきなりデザイナーとかの募集は難しいかもしれませんが
タイミングによっては何か業界に入り込むチャンスがあるかもしれません。

 

 

なにせ景気も回復傾向にあるので、
業界も人材をたくさん求めている可能性があります。

 

そのためにも自分のスキルや準備できることはやっておきましょう。
準備はどんな事をすればいいの?っていう人のために
詳しく解説しておきました。
アパレルデザイナーや業界で働くための準備とは? 

 

 

アシスタントからでも食い込む事ができれば、
今後のステップアップとしては
上出来ではないでしょうか?

 

そして後はとにかく続ける事です。

 

 

求人の殆どが3年以上の実務経験を求めているということは
最低でもそれくらいの年数は経験を積んでおきましょう。

 

 

きっと自分の実力がアップしていく度に自信もついてくるでしょう。
そこでまた人と仲良くなっておいて、いろいろな可能性を見出して行けば
人生の設計図も出来上がってくると思います。

 

 

楽しみながらトライしてみてください。