ファッションデザイナーになるために身につけておきたい技術

憧れのファッションデザイナーになるために必要な技術とは?

 

ここではファッションデザイナーになるために
最低でも必要な技術を解説します。

 

 

まずは絵を描くスキル
例えば簡単なラフ絵や、平置きした洋服の絵など簡単でもわかりやすい
デッサンやイラストが描けると仕事の打合せなどで重宝します。

 

 

洋服の絵が描けるということは、洋服の構造が最低限わかっていないと
伝わる絵が描けない事になります。

 

 

要するにデザイナーはパタンナーとの打合せがけっこう多いので、
袖の部分がどうなっているとか、襟の部分がどうなっているなど
構造的な説明が必要になります。

 

 

となると、

 

洋服を自分でも作った事がある方が良いということです。
 
しかも、基本的なアイテムを全て作った事がある方が良いです。

 

 

一番手っ取り早いのは専門学校や小さな教室に1年でも2年でも通って
洋服についてみっちり学ぶ事です。

 

 

服の構造やパターンがわかるには、
自分で服を作る知識がなければいけません。

 

 

これは書店で簡単なソーイング本を購入してきて地道に独学で学ぶのも良いでしょう。

 

 

しかし、お金と時間を使ってプロに教わることで数倍スキルアップできますし、
独学では知りえない技術は当然身に付きます。

 

 

学校に通えば、パターンの事も素材の事もデッサンもデザインについても
トータル的に学べるのでお金はかかるかもしれませんが、
デザイナーへの道としては一番確実性が高いと言えます。

 

 

ファッションデザイナーは、ともすると洋服が好きでいつも洋服を見たり
着たりする事が大好きだったり、ファッションイラストを描く事だけが
印象にありますが、仕事となるもっと専門的な知識や細かな作業が
できる事が要求されるのです。

 

 

 

流行も常に知っている必要がある

 

 

ファッションが好きなら流行は常に知っている方が良いでしょう。

 

デザイナーになると、ネタを探しに街に出かけて市場調査しに行くことがあります。

 

 

今はどんな服が流行っているのか?とか
どんなテクニックのデザインがオシャレなのか?
どんな素材やデザインが売れているのか?など

 

 

雑誌では見えない部分を市場で調査しています。
 

 

なので、日頃から街へでかけて写真をとったり
メモ帳にアイデアをまとめておく事はとても大切です。

 

 

素材に対する知識も必要

 

 

Cloths

 

 

例えば、

 

素材についてもいろいろ知っていなければいけません。

 

 

季節的な要因や素材の持つ特性によっては、
生地として使えない素材もあったり、
これはパンツ素材に向いているとか、
これはジャケット用の素材とか、適材適所で素材の特性を見分けたり
使い分ける技術も必要になってきます。

 

 

こういった専門知識は学校でも教えていない場合があったり
するので、現場で覚えていく事が多々あります。

 

 

 

まとめると・・

 

 

  • 絵を描く力
  • 洋服の構造を知っている
  • 素材を理解している
  • 常に流行のファッションを意識して知っている

 

 

こういった事が上げられるます。
これらは、最初から全て備わっている必要はなく、
仕事として覚えていけば良い部分もあるので、日頃から意識して
自分の力を高めるようにしていきましょう。

 

毎月当サイトからの応募者の5割以上が採用となっています。
↓↓↓
未経験者、経験が浅い方でも高採用率!当サイトが独自に提携する求人サイトはこちら
アパレル転職ならファッショーネ