アパレル(服飾)業界の転職・就職を成功させる方法

当サイトオーナーの自己紹介

 

名前:齋藤寛貴
住まい:世田谷区在住
連絡先:お問い合わせはこちらよりお願いします。

 

【略歴】
地元の普通の高校を卒業し、文化服装学院へ。
その後、当時の流行りだったインディーズデザイナーを目指して友達とブランド設立。

 

デザイナーのアシスタントをしながら楽しい青春時代を過ごす。
しかし、チーム解散。。
ある事情で仲間とうまくいかなくなり、それぞれバラバラの道へ就職。

 

自分はその後アパレルのセレクトショップで販売員をしたり、アパレルの物流倉庫でバイトをしたりしていました。

 

ずっと憧れだったデザイナーへの夢を捨てずにコツコツ服を作っては、絵の練習をしたり、舞台衣装を手がけたり・・本当にいろいろと事にチャレンジしていました。

 

そしてその努力もあって、有名スポーツウェアのデザイナーアシスタントとして就職が決まり、様々な経験を積みました。

 

その4年後自分のやりたい方向性がアパレルとは別の方向だとわかり、他の業種へ転職。
今は趣味でWEBデザインやイラストのデザインもやりながら日々生活しています。

 

このサイトで伝えたい事

 

自分は憧れのファッションデザイナーの道に就職するまでにとても苦労しました。
業界未経験だとなかなか転職が難しいこの世界。
(インディーズでは経験していましたが、実際に就職はしたことはありませんでした)

 

とくに即戦力が求められるので、実務経験が5年くらいないと本当の意味で好きな仕事はやれない事もあります。

 

しかし、今は当時にくらべとても就職はしやすくなったと思います。
なぜなら、転職エージェントがその人にあった仕事をたとえ未経験でも紹介してくれるようなサービスが増えてきたからです。

 

もし自分が今アパレルに就職するならこのサービスは絶対使っていただろうなと思います。

 

なので、今後アパレル業界に入っていきたい!と考えている方たちに知っておいて得する情報や気をつけるべきポイントなどを自分の経験をネタに紹介していければと思います。

 

アパレル業界はとてもクリエイティブで華やかでかっこいいイメージがありますが、実際の現場の厳しさや給料面、残業、人間関係などのリアルな話も知っておいて損はありません。

 

こういった事を踏まえたうえで転職活動をするとイメージも湧きやすいですし、要望も具体的に描けると思います。
是非参考にして頂ければ幸いです。